蚊の撲滅とフェラリア

フィラリアにより亡くなった犬 、わんちゃんの状況です。生後15年と3ヶ月で死んでしまいました。これだけ生きれば十分とは思います。雑種の犬ですが、とても賢い犬でした。一年ぐらい前から、3週間で激しく衰弱してしまい、亡くなる5日前ぐらいまえまでは家の近所に散歩に出ていたのに、暑い日が続いたせいなのか、散歩をいやがり、その日は散歩に行かなかったのです。そして、突然動かなくなり、死んでしまいました。

病院に行こうかとも思いましたが、費用もかかるし、病院にいったところで、いまさら治療ができないので、いかず、人間ではないので原因はあまりはっきりさせないままお葬式としました。フィラリアではないかと推測しています。それ以来、フィラリアにはとても気をつけるようになりました。

お住まいの状況ではなんともならない場合があるかもしれませんが、ボウフラ(蚊の幼虫)がわかないに水たまりができていないように見回りをしてください。大き目の庭がある場合にはそういうこともあるかもしれません。

室内犬の場合はなんとかなるかもしれませんが、外飼いの場合は、やはり蚊を避けられず、レボリューションなどのフェラリアの薬を使うしかないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です